早急な治療を

病院7

人間の体はコンピュータではありません。似ていて異なるもの、と言う言い方ができますが、私達人間は、自分の体を『スキャンしたつもりになっていても、実際は何一つ判別することができません』。例えば、私たちが、『自分が風邪をひいた』と言うことを理解した時、どの地点にいるでしょうか。

『感染した直後』でしょうか。それとも、『感染してしばらく経過した』時でしょうか。その両者とも誤りです。正確には、それは『誰にも計算、測定することはできない』と言えます。

風邪の菌に感染した場合私達がそれを風邪の菌だと判別…いえ予測した時はすでに菌が体の中で動き回っている、いわば悪影響を及ぼしているその時であり、正確には私達は『風邪をひいた』と表現するときよりもずっと前に『風邪になっている』と言えます。

これからも分かる通り、私達は自分で思っている以上に、自分の体の状態を正確に判別することはできないからです。しかし、体はサインを発する場合があります。

それは時に、小さい針で体の鈍い部分を指されるような小さいものである場合がありますが、私達はそれに気づくことによって、より自分たちの体の状態に『気付く』ことができます。

それによって、命を失うことを避けられます。

慢性、急性と劇症